グランマルシェで事故に遭う

2月17日(木)

今日は快晴。日差しが暑い。
雲一つない空。
屋上に上がって昨日登った山を眺めてみる。

午前中のジェンベは昨日のおさらいに続きマダンとマラカの新フレーズ。今日のソロは超ハードだった。いつものように途中からついてゆけず。

e0251761_4573769.jpg


バラフォンはフォゴリ。昨日のおさらいと新アコンパイマの練習。
午前のワークが終了した後はもう体も頭もくたくただった。
お昼までの時間、部屋でクスイさんのコラにあわせバラフォンでバニを遊びで弾いてみる。バラフォンとコラのチューニングがあっているので、適当に弾いてもなんとなく雰囲気が出て意外と楽しかった。

ダンスはサンジェ。スク、マダンのおさらい。ダンスクラスが終わったあと、クスイさんがグランマルシェで布をみたいというので、二人でソトラマに乗ってグランマルシェへ行く。クスイさんがセーファーに両替するためATMへ行きたいというのでいくつかのATM
を探したが、結局グランマルシェのATMではどこもカードでの出金ができなかった。ATMを出たあと通りをあるいていて事故に遭った。

e0251761_534545.jpg


いきなりドンと体を押された瞬間、転倒して道路に手をついた。その時に右手の親指のつけねあたりを打撲した。クスイさんも一緒に倒れたが、幸い軽いかすり傷だった。
一瞬の出来事で何が起きたのか最初良くわからなかったが、車に当てられた。僕たちをあてた車は、しばらく行ったところでいったん止まったが、そのまま行ってしまった。さすがにナンバーとかを読む余裕はなかった。こちらで警察に届けて保険を請求するほどのことではないと判断したので結局当てられ損であった。
グランマルシェの中はいつも人、車、バイクが無秩序に行き交っているので、以前から危ないと思っていたが、まさか自分が事故に巻き込まれるとは思っていなかった。気おつけなければいけない。

そのあとクスイさんが布を見たいというので、反物を扱っている店に入り値段を交渉しているうちにすでにあたりは暗くなっていた。タクミさんから借りている携帯にダラマンさんから電話が入り心配しているので早く帰れと言われた。しかし、グランマルシェでの買い物もこれが最後と思うと、ちょっとしたアクセサリー類や帽子が欲しかったので、道ばたの店で買って帰った。日本円にすれば100円、200円でも僕たちは外国人なのでついつい高く買わされているのでは思うと意外に価格交渉に時間がかかる。それを楽しみながらショッピングできれば良いのだが、結局面倒になって言い値で買ってしまう事が多い。結局欲しいものが見つかれば相手の言い値で即買いしても、日本円にすればそれほど高いものでないので、後でその時買わなかったことを後悔せずにすむということを勉強したのであった。

e0251761_542855.jpg


ゲストハウスに戻ると、みんなすでに食事していた。急いで夕食をすませその後、屋上に上がってみんなでビールやジュースなど好きなものを飲みながら、今夜も1時近くまでおしゃべりした。いよいよ明日でワークも終了するという気分からかみんなおしゃべりに花が咲いた。
[PR]
# by danpeo | 2011-10-27 05:06

カラモコオールスターズのミニライブ

2月16日(水)

今日は午前中のワークが終わった後、ランチの前に先生たちによるミニライブがあった。さしづめカラモコオールスターズという趣でとても賑やかなミニライブだった。僕がワークを受けているバラフォンのモリ先生、ジェンベのマカン先生、ダンスのアイシン先生はもちろん参加している。ドゥンドゥン隊はダラさん、ターフェリー、ママドゥ、歌はフネさん(ダンスもすごくうまい)、ビントゥさん(ダンス)、そしてたくみさんのジェンベの先生プティ・アダマさんとイッサがジェンベで参加していた。
みんなマリ音楽界を代表するBallet District、Ballet Malienの早々たる面々の演奏と踊りだった。今までこういったライブの機会はほとんどなかったので、ワークを受けている僕たちにはとても楽しいイベントだった。

e0251761_737230.jpg


バラフォンと歌、ジェンベがどう絡むのか楽しみだったが、ほとんどの曲はバラフォンではじまり、歌、そして太鼓が入るという構成であることがわかった。太鼓が入るとバラフォンはずっとアコンパイマを繰り返し、ジェンベのソロにあわせダンスが入るという感じだった。このライブを僕たちのために披露してくれた先生たちへのお礼ということで一人10000CFAずつを渡した。

ダンスクラスが終わった後、シャワーを浴びてさっぱりしたあと、クスイさんと屋上にでてナジャフの景色をみているうちに、いつも気になっている丘に登ってみようということになり、ちょうど夕方で昨歩するには気持ち良い時間だったので、二人で裏山に登ってみることにした。途中で子供たちが遊んでいたので、一緒に写真をとったりしていちおう丘の頂上付近までゆく。そこからのパノラマ風景はナジャフの町からバマコが眺望できてちょうど夕暮れ時ということもありとてもドラマチックだった。山沿いに家が立ち並ぶこの景色は僕が確かにアフリカにいることを実感させてくれる。そのあとクスイさんと反対方向から丘を降りる事にした。帰りはすこし道に迷ったけれどとても楽しい散策だった。 

e0251761_7372757.jpg


e0251761_7374024.jpg


実は、僕たちが裏山に登ったことをダラマンさんが知っていて夕食の時に日本人が二人山に登っているんでびっくりしたよ。って教えてくれた。ほとんど地元の人達しか住んでいないナジャフの街に日本人は確かに目立つ。
[PR]
# by danpeo | 2011-10-25 07:38

まっちゃんの誕生日パーティ

2月15日(火)

今夜はワークが終わったあと、ラミンさんの家でまっちゃんの誕生日パーティがあると聞いていたのでみんなで出かける。デュプロマットまでソトラマに乗って行って、そこでタクシーをひろう。モスク近く(ラミンさんの家にいく目印らしい)でタクシーを降り、くみちゃんの案内でそこからみんなで夜道を歩く。

e0251761_4271082.jpg


僕たちが住んでいるナジャフとは違いまるで日本の郊外のような田舎道を月明かりに照らされて15分ほど歩くと、突然太鼓の音が響いてきた。だからラミンさんの家はすぐにわかった。家の裏庭のスペースにたくさんの人が集まってすでにライブがはじまっていた。マディ・ナンジャイさんが歌を歌っていた。演奏はジェンベとバラフォンがラミンさんで、結婚式で叩いていたもう一人のジェンベフォラとドゥンドゥンという構成だった。

e0251761_4271593.jpg


僕たちがパーティ会場に到着すると、一人の日本人女性がソファーに案内してくれて、ビールとワインとどちらが良いですかとすすめられた。ビールをいただき、食事をいただきラミンさんたちの生ライブと最高のもてなしを受けた。もちろん日本から来てラミンさんのワークを受けている容ちゃん、まこちゃん、モモさん、たけちゃんとも一緒にお酒を飲んだ。
僕にお酒を好きなだけ飲んでください言ってくれた女性はご主人の仕事の関係で1年ほどバマコに住んでいるそうで、とても気さくな人だった。ほんとうにホスピタリティ溢れた方でとても感激した。
まっちゃんの誕生日を祝うハッピーバースディトゥユーをマリの人たちがバンバラ語で歌い、バースディケーキをみんなでいただいた。バマコに来てはじめて日本式のパーティをしているようでとても楽しかった。12時近くまでみんなで大いに盛り上がった。
[PR]
# by danpeo | 2011-10-24 04:29


2011年2月5日から21日の17日間、今まで長い間働いたご褒美でもらえるリフレッシュ休暇(2週間)を目一杯使って、憧れのアフリカへ行ってきました。これからこのブログでご紹介するのはその滞在日記です。


by danpeo

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

マリでの生活
at 2011-10-31 22:25
さよならバマコ
at 2011-10-30 09:47
いよいよワーク最後の日
at 2011-10-29 08:34
グランマルシェで事故に遭う
at 2011-10-27 05:06
カラモコオールスターズのミニ..
at 2011-10-25 07:38

以前の記事

2011年 10月

検索

フォロー中のブログ

踊るアフリカ屋営業部長 日光

ライフログ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧