<   2011年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

マリでの生活

僕がマリで泊まっているゲストハウスはダラマンさんの友人で現在ボストンに住んでいるダンサーであるセドゥさんの家で、もともとダンスワークのためにアメリカやヨーロッパなどから来る人たち向けに作られたゲストハウスだ。この家が良い点は、移動しなくてもその場にスタジオや楽器を演奏できる部屋があるから、思う存分ワークに専念できることだ。1Fから3Fまでたくさんの部屋があり、3Fにダンススタジオがありなかなか快適であった。

しかし、そこはアフリカ。日本とは違い不便な部分もあった。

まず、シャワーが水しか出ないこと。気温が高いので昼間に入ればそれほど気にならない。女性陣はお湯を沸かしてシャワーに使っていたが、僕は面倒なので滞在中水シャワーで通した。たまに水が出なくことがあり、ダンスで汗をかいた後シャワーに入れないこともあった。

e0251761_22233339.jpg


それからトイレとシャワーが一緒なので、シャワーを使うとバスルームが水浸しになってしまう。アメリカではわりと当たり前だけれど、僕たち日本人にとっては、狭い部屋でシャワーを浴びるのは少し抵抗がある。もちろんトイレには前述の理由でトイレットペーパーが塗れてしまうため、常備されていない。用を足すときに自分でトイレットペーパー持っていかなくてはならない。

そのため当初はトイレにはいるたびに靴下が濡れてしまい、不愉快な思いをしていた。
また裸足でいると普段からとても埃っぽく赤土が部屋に入ってしまうので、すぐに足の裏が真っ黒になってしまう。
サンダルを買ってから多少足の裏が汚れることはなくなったが、そういったことをあまり気にする人はちゃんとしたホテルを取ったほうがいいかもしれない。最もこのワークを受けている人たちはみんな平気のようでした。

あと、洗濯機がないのでシャワー室で自分で石鹸を使って洗濯しなければならない。慣れればそんなに大変なことではないが、日本のように全自動で洗濯してくれると思っていた僕は甘かった。

あと、たまに停電することがある。僕がはじめてバマコに到着した翌日は停電のため真っ暗の中、懐中電灯やろうそくを灯して夕食をとった。それも今から思えば楽しい出来事であった。帰国後、東京でも東日本大震災の影響で計画停電を経験したが、マリの人達にとってみれば停電はそんなに大騒ぎすることではないのかもしれない。

e0251761_22233072.jpg


しかしなにより音楽やダンスを一緒に楽しむという同じ目的を持った仲間達との共同生活は楽しかった。このワークではみんなでよく話をし助け合うから、ほんとうに日本でいかに自分勝手に生きているのかがしみじみわかるのである。皆さんには色々な意味でお世話になったし、僕も少しでもみんなの役にたてたなら嬉しい。もちろん、やさしいみなさんの好意に甘えてばかりではいけないけれどこのような経験ができたことに心から感謝したい。

ダラマン・ジャバテさんをはじめお世話になった先生方、そして一緒にツアーに参加したみなさん、ラミンさんのワーク、ママドゥ・ドゥンビアさんのワークに来られていた全てのマリを愛する人に感謝したい。
[PR]
by danpeo | 2011-10-31 22:25

さよならバマコ

2月19日(土)

昨夜遅かったので、今朝は10時頃までゆっくりしてそのあとバラフォンの梱包と帰りの荷造りをした。バラフォンの瓢箪(ひょうたん)が割れないように、シャツやタオルを念入りに詰めた。たくさんTシャツを持ってきて荷物になるかなと思ったが、意外なところで役に立った。

昨日の夜から断水していてシャワーが浴びられない事とトイレを流すのに井戸から汲み上げた水で対応しなくてはならないのが大変だった。日本では今では断水というのはほとんどないけれど水が人間にとっていかに大切かということを身を持って実感した。

フランスパンとコーヒーで遅い朝食をとる。こちらにきてから朝、昼、晩とフランスパンを食べていた。そろそろパサパサではないもっちりしたご飯が食べたくなる頃だが、
フランスパンは不思議と毎日食べていても飽きないから不思議だ。
お昼を食べたあと部屋でゆっくりしていると、日光が屋上に集まってと呼びにきた。屋上へ行くと、ママドゥ・ドンビアさんと安田さん、土屋まさこさんが来ていた。それからマカンさん、アイシンさん、その友人たちも次々にやって来てみんなで椅子に座りおしゃべりしていた。この屋上から見渡すバマコの風景も今日で最後と思うと、みんなでこういう時間を過ごすのもいいなと和んでいた。

e0251761_9433868.jpg


しかしとんだサプライズが最終日に待ち受けていた。何が始まるのかはあらかじめ聞かされていなかった。
いきなりダラマンさんからジェンベのワークを受けていた僕を含む5人がスタジオに呼ばれ、マカン先生と一緒にみんなの前で演奏するのだという。昨日まで練習したマラカとマダンの2曲をやった。僕はもう頭の中は真っ白でいったい何をたたいているのかわからない状態だった。続いてドゥンドゥンクラスの演奏、ダンスはスクを踊った。最後にこんな辱めを受けることになるとは思ってもいなかったが、ダラさん流の最後まで僕たちを指導してくれた先生方への謝恩会のつもりだったんだろうと思う。

外でみんなで最後の夕食をとった後、7時半頃、僕とクスイさんはダラマンさんが呼んでくれたタクシーで空港へ向かった。梅ちゃんも今夜の飛行機で帰るのだが、彼はすでに荷物のチェックインを済ませていたので後から空港へいくのだという。タクシーは夜のバマコの街を空港へ向かう。マリという国は、人が多くいつも活気に満ちているが、不思議と人々は穏やかで、強引な押し売りをする人もなくて、車にぶつけられたことを除いて特に不愉快な思いをしたことはなかった。他の西アフリカの国へ行ったことがないのでマリだけを見て判断するわけにはいかないが、総じて人々は礼儀正しく、人に優しい。生活は決して豊かとはいえないが、精神的には満たされた生活をしているのだろう。

e0251761_9435054.jpg


ところが、出国の際の警官や職員の態度には驚いた。荷物検査へ進もうとした時、警官からお金をもっていないかと尋ねられた。明らかに賄賂を要求しているんだなと思ったが、あいにく少額の紙幣しか持っていないと言うと、どこか別室につれていかれるのかなという不安を感じたが、別の警官が通っていいといって助けてくれた。あやうく所持金を巻き上げられるところだった。日本人のパスポートを見ると同じような手口で金をせびるのか、後でクスイさんと梅ちゃんに会った時、彼らも同じように金をだせといわれたようだ。旅の最後に不愉快な思いをしたのは残念だった。
[PR]
by danpeo | 2011-10-30 09:47

いよいよワーク最後の日

2月18日(金)

昨日の事故で痛めた右手親指の腫れがまだあったが、テーピングしてマカン先生のワークを受ける。
超絶なソロパートが繰り返されるマラカとマダンを右手をいたわりつつ最後まで叩いた。いくつかできないパートがあったが、それはあとでビデオを見てもう一度確認しようと思った。

バラフォンはフォゴリの3つ目と4つ目のアコンパイマを教えてもらった。とくに4つ目のアコンパイマは今までのアコンパイマに較べ少し複雑だった。バラフォンはずっとひたすらアコンパイマを正確なリズムでミストーンしないようにたたく練習に始終した。おそらくそれが基礎であり、それが確実にできるようになって初めて次のステップへ進むことが許されるのだろう。10日間で教えてもらった4曲をまずはひたすら練習しよう。

e0251761_8304497.jpg


ダンスクラスはスク、サンジェ、マダンをそれぞれ2回ずつ踊った。二週間かけて3曲をマスターしたことになる。ダンスクラスのあと一緒に踊った仲間と記念撮影する。

ワークが終わったあとお土産を探しにみんながグランマルシェへ行くというので、昨日に続き買い物に行く。今回はタクミさんが知っているクラフトワークの店に連れていってもらい、そこでネックレス2個と栓抜きをあわせて9000CFAで買う。昨日買った品と違い値段は高かったがアクセサリーはそのぶんお洒落だ。その他にアクセサリーを入れる袋を2つで1000CFAで買う。帰りはタクシーで帰る。

e0251761_8312164.jpg


いったんゲストハウスに戻り食事をしたあと、11時頃からみんなでデュプロマットへ出かける。コラ奏者のトゥマニ・ジャバテが出演すると聞いてタクシーで行く。先週と違い金曜の夜で時間が遅いせいもあってか、デュプロマットにはたくさんの人が集まりディスコを楽しんでいた。
とりあえずビールで乾杯し、ピザとバーベキューをつまみに盛り上がる。ツゥムニさんが演奏しだしたのは午前1時半をすぎてからだった。パーカッションはジェンベとサバール3人。サバールは統制がとれていて軽快なリズムを刻む。音楽にあわせて踊っていると、一人で来ている日本人の女性を見つけた。京都から来ているゆかりさんだ。彼女はセネガルのダカールから昨日バマコに入り、マリ人のガイドを2人引き連れて来ていた。一緒に踊りを楽しみとても楽しい思い出となった。これからコートジポアールとモロッコをまわって日本へ帰るそうだ。一人でアレンジして西アフリカを廻っている。とてもパワフルな女性だなぁと思った。

e0251761_8304928.jpg


ゲストハウスに戻ったのは2時半過ぎ。バマコでの最後の夜はワークを終了した解放感もあり、まるで学生時代の気分に戻ったような楽しい時間を過ごした。
[PR]
by danpeo | 2011-10-29 08:34

グランマルシェで事故に遭う

2月17日(木)

今日は快晴。日差しが暑い。
雲一つない空。
屋上に上がって昨日登った山を眺めてみる。

午前中のジェンベは昨日のおさらいに続きマダンとマラカの新フレーズ。今日のソロは超ハードだった。いつものように途中からついてゆけず。

e0251761_4573769.jpg


バラフォンはフォゴリ。昨日のおさらいと新アコンパイマの練習。
午前のワークが終了した後はもう体も頭もくたくただった。
お昼までの時間、部屋でクスイさんのコラにあわせバラフォンでバニを遊びで弾いてみる。バラフォンとコラのチューニングがあっているので、適当に弾いてもなんとなく雰囲気が出て意外と楽しかった。

ダンスはサンジェ。スク、マダンのおさらい。ダンスクラスが終わったあと、クスイさんがグランマルシェで布をみたいというので、二人でソトラマに乗ってグランマルシェへ行く。クスイさんがセーファーに両替するためATMへ行きたいというのでいくつかのATM
を探したが、結局グランマルシェのATMではどこもカードでの出金ができなかった。ATMを出たあと通りをあるいていて事故に遭った。

e0251761_534545.jpg


いきなりドンと体を押された瞬間、転倒して道路に手をついた。その時に右手の親指のつけねあたりを打撲した。クスイさんも一緒に倒れたが、幸い軽いかすり傷だった。
一瞬の出来事で何が起きたのか最初良くわからなかったが、車に当てられた。僕たちをあてた車は、しばらく行ったところでいったん止まったが、そのまま行ってしまった。さすがにナンバーとかを読む余裕はなかった。こちらで警察に届けて保険を請求するほどのことではないと判断したので結局当てられ損であった。
グランマルシェの中はいつも人、車、バイクが無秩序に行き交っているので、以前から危ないと思っていたが、まさか自分が事故に巻き込まれるとは思っていなかった。気おつけなければいけない。

そのあとクスイさんが布を見たいというので、反物を扱っている店に入り値段を交渉しているうちにすでにあたりは暗くなっていた。タクミさんから借りている携帯にダラマンさんから電話が入り心配しているので早く帰れと言われた。しかし、グランマルシェでの買い物もこれが最後と思うと、ちょっとしたアクセサリー類や帽子が欲しかったので、道ばたの店で買って帰った。日本円にすれば100円、200円でも僕たちは外国人なのでついつい高く買わされているのでは思うと意外に価格交渉に時間がかかる。それを楽しみながらショッピングできれば良いのだが、結局面倒になって言い値で買ってしまう事が多い。結局欲しいものが見つかれば相手の言い値で即買いしても、日本円にすればそれほど高いものでないので、後でその時買わなかったことを後悔せずにすむということを勉強したのであった。

e0251761_542855.jpg


ゲストハウスに戻ると、みんなすでに食事していた。急いで夕食をすませその後、屋上に上がってみんなでビールやジュースなど好きなものを飲みながら、今夜も1時近くまでおしゃべりした。いよいよ明日でワークも終了するという気分からかみんなおしゃべりに花が咲いた。
[PR]
by danpeo | 2011-10-27 05:06

カラモコオールスターズのミニライブ

2月16日(水)

今日は午前中のワークが終わった後、ランチの前に先生たちによるミニライブがあった。さしづめカラモコオールスターズという趣でとても賑やかなミニライブだった。僕がワークを受けているバラフォンのモリ先生、ジェンベのマカン先生、ダンスのアイシン先生はもちろん参加している。ドゥンドゥン隊はダラさん、ターフェリー、ママドゥ、歌はフネさん(ダンスもすごくうまい)、ビントゥさん(ダンス)、そしてたくみさんのジェンベの先生プティ・アダマさんとイッサがジェンベで参加していた。
みんなマリ音楽界を代表するBallet District、Ballet Malienの早々たる面々の演奏と踊りだった。今までこういったライブの機会はほとんどなかったので、ワークを受けている僕たちにはとても楽しいイベントだった。

e0251761_737230.jpg


バラフォンと歌、ジェンベがどう絡むのか楽しみだったが、ほとんどの曲はバラフォンではじまり、歌、そして太鼓が入るという構成であることがわかった。太鼓が入るとバラフォンはずっとアコンパイマを繰り返し、ジェンベのソロにあわせダンスが入るという感じだった。このライブを僕たちのために披露してくれた先生たちへのお礼ということで一人10000CFAずつを渡した。

ダンスクラスが終わった後、シャワーを浴びてさっぱりしたあと、クスイさんと屋上にでてナジャフの景色をみているうちに、いつも気になっている丘に登ってみようということになり、ちょうど夕方で昨歩するには気持ち良い時間だったので、二人で裏山に登ってみることにした。途中で子供たちが遊んでいたので、一緒に写真をとったりしていちおう丘の頂上付近までゆく。そこからのパノラマ風景はナジャフの町からバマコが眺望できてちょうど夕暮れ時ということもありとてもドラマチックだった。山沿いに家が立ち並ぶこの景色は僕が確かにアフリカにいることを実感させてくれる。そのあとクスイさんと反対方向から丘を降りる事にした。帰りはすこし道に迷ったけれどとても楽しい散策だった。 

e0251761_7372757.jpg


e0251761_7374024.jpg


実は、僕たちが裏山に登ったことをダラマンさんが知っていて夕食の時に日本人が二人山に登っているんでびっくりしたよ。って教えてくれた。ほとんど地元の人達しか住んでいないナジャフの街に日本人は確かに目立つ。
[PR]
by danpeo | 2011-10-25 07:38

まっちゃんの誕生日パーティ

2月15日(火)

今夜はワークが終わったあと、ラミンさんの家でまっちゃんの誕生日パーティがあると聞いていたのでみんなで出かける。デュプロマットまでソトラマに乗って行って、そこでタクシーをひろう。モスク近く(ラミンさんの家にいく目印らしい)でタクシーを降り、くみちゃんの案内でそこからみんなで夜道を歩く。

e0251761_4271082.jpg


僕たちが住んでいるナジャフとは違いまるで日本の郊外のような田舎道を月明かりに照らされて15分ほど歩くと、突然太鼓の音が響いてきた。だからラミンさんの家はすぐにわかった。家の裏庭のスペースにたくさんの人が集まってすでにライブがはじまっていた。マディ・ナンジャイさんが歌を歌っていた。演奏はジェンベとバラフォンがラミンさんで、結婚式で叩いていたもう一人のジェンベフォラとドゥンドゥンという構成だった。

e0251761_4271593.jpg


僕たちがパーティ会場に到着すると、一人の日本人女性がソファーに案内してくれて、ビールとワインとどちらが良いですかとすすめられた。ビールをいただき、食事をいただきラミンさんたちの生ライブと最高のもてなしを受けた。もちろん日本から来てラミンさんのワークを受けている容ちゃん、まこちゃん、モモさん、たけちゃんとも一緒にお酒を飲んだ。
僕にお酒を好きなだけ飲んでください言ってくれた女性はご主人の仕事の関係で1年ほどバマコに住んでいるそうで、とても気さくな人だった。ほんとうにホスピタリティ溢れた方でとても感激した。
まっちゃんの誕生日を祝うハッピーバースディトゥユーをマリの人たちがバンバラ語で歌い、バースディケーキをみんなでいただいた。バマコに来てはじめて日本式のパーティをしているようでとても楽しかった。12時近くまでみんなで大いに盛り上がった。
[PR]
by danpeo | 2011-10-24 04:29

ワーク2週目

2月14日(月)

今日から2週目のワーク開始。ジェンベは先週に引き続きマカン先生。今週からサンジェとマダンを練習する。
今日は真ん中の席で緊張したのか手が思うように動かず少し悔しい思いをする。まぁぼちぼちやればいいやと思いながらも、一週間経過し何ひとつ満足にできる曲がないというのは悲しいものだ。

バラフォンもモリ先生が担当。今日は先週から取り組んでいるジャウラのおさらいと、クランジャンのセカンドアコンパイマ。知らない間にどんどん進んでいる。

e0251761_532021.jpg


ダンスはアイシンさんで変わらず。スクのおさらいとサンジェ。このステップが、なかなか難しい。手の振りは後回しにしてまずステップを集中的に練習する。

夕食のあとみんなでジュースを買いに行く。バマコではあまりアルコール飲料を売っている店がないので、みんなジュースを飲むのがちょっとした楽しみになっている。この日はちょっと遠出して、レッドブルや黒ビールに似ているけれど全然違う甘い味のドリンクなどを売っている店に買い出しに行った。店の隣で10年ほど前に日本でも流行ったプレーステーションに似たサッカーゲームを楽しそうにやっている人達がいた。それがこちらの人達の楽しみなのだろう。
[PR]
by danpeo | 2011-10-22 05:05

ナファジの大通りをみんなで歩く

2月13日(日)

こちらに来て今日でちょうど一週間たった。昨夜遅かったので今朝は10時近くまでベットでゆっくりして、ゆりちゃん、日光と遅い朝食をとった。iPhoneで好きな音楽をかけながらリラックスして午前中を過ごす。
その後、ゆうすけとクスイさんも加わって明日からのワークにそなえ一緒にジェンベの練習を少し。

e0251761_23355622.jpg


お昼ごはんのあとみんなでサイバーカフェに行くことになり、ソトラマに乗って水曜に行った店へ行く。一時間ほどミクシや日本のニュースをチェックしたあと、ドゥンドゥンフォラのターフェリーのバンドが演奏している結婚式の会場へ向かう。
金曜に行った結婚式と同じ場所を探しながら会場までみんなで歩く。
ゆうすけのギターの先生もターフェリーと一緒だった。そこで1時間ほど彼らの演奏を楽しんで、今日はソトラマに乗らないでナファジの大通りを30分ほど歩いてゲストハウスまで戻る。

e0251761_23353790.jpg


ちょうど夕方時で歩くのはそんなに暑くはないけれど、あいかわらず埃っぽい。赤土と車の排気ガスが入り交じり、車が通るとひどく土埃がたつ。そういった環境で、道ばたで売っているフライドポテトを食べたいとは思わなかった。
[PR]
by danpeo | 2011-10-20 23:39

デュプロマット

2月12日(土)

バマコでは有名なライブハウスでくみちゃんのバラフォンのママニ先生の演奏があると聞いてこの日の夜くみけんコンビと一緒にデュプロマットというライブハウスへでかけてみた。デュプロマットは世界的有名なコラ奏者のトゥマニ・ジャパテさんが定期的に出演することで有名なライブハウスで、バマコに滞在中一度は行ってみたいと思っていた。

ナファジからタクシーに乗って大通りに出たあたりにデュプロマットはあった。僕たちは10時から始まるライブにあわせて店に行ったけれど、実際に演奏がはじまったのは11時近くになってからだった。店は基本的に露天で部分的に屋根がついている。結構広いスペースの造りで、日本のライブハウスとは異なり開放的な感じだ。まだ時間が早かったせいかお客さんはまばらたった。ママニさんのバンドはドラム、ベース、ギター、パーカッションにバラフォンという編成でサルサが踊れそうな軽快なテンポの曲ではじまった。専属の男性ダンサーさんがいてとても愛嬌のある踊りをしてステージを盛り上げていた。

e0251761_21252120.jpg


数曲聴いたところで、そのダンサーが僕たちの席にやってきて、ステージで一緒に踊らないかと誘われた。ダンスフロアではフランス人のカップルが一組踊ってているだけで、他に踊っている人はいなかった。マリの人たちはあまり踊らないのか。それともまだその時間になっていないのか。ダンサーは場を盛り上げたくて、サービス精神でお客さんを誘っているのだろう。

僕は誘われれば特に理由がないかぎり断らない主義なので、彼の誘いを受けてダンスフロアでヒップホップともアフリカンダンスとも言えない振りで少し踊った。12時をまわってもうそろそろ帰ろうかと思ったら、ママニさんが僕が今習っている曲(ジャウラ)を演奏してくれたので、これを聞いてから帰ることにした。とても楽しい夜だった。

ゲストハウスに戻ると、残っていたみんなが屋上でビール片手にパーティをして盛り上がっていた。そのあとリビングでみんなと飲み直して結局寝たのは3時をまわっていた。
[PR]
by danpeo | 2011-10-19 21:27

グランマルシェで布を買う

2月12日(土)

一週間のワークが終了し、今日と明日はレッスンがお休み。
みんな今まで張りつめていた適度な緊張感から解放され、リラックスできるとあってか久しぶりに朝ゆっくりと過ごす。
まあ、こちらでの生活は日本での時間に追われる毎日から考えるとかなりゆるゆるなのだが、それでもみんなワークには真剣に取り組んでいる。
例によってコーヒーとフランスパンで遅い朝食を食べた後、布を探しにみんなでバマコの中心にあるグランマルシェに繰り出そうということになった。

e0251761_23253583.jpg


今日はタクシーを使わず、地元の人たちに混じってソトラマと呼ばれる乗り合いバスに乗って、グランマルシェまで移動する。ソトラマの中で向えに座っていた女性に、憶えたてのバンバラ語で「イ・カケネワ」(お元気ですか?)と声をかけてみる。あわてていたせいか、挨拶の言葉「アニ・キレ」(こんにちは)と言ってから会話に入るのを忘れていた。片言のバンバラ語でクリバリー三人姉妹とのコミュニケーションを楽しむ。

ちょうどバスの終点がグランマルシェで、そこからみんなで布屋さんばかり集まっている地区まで歩く。グランマルシェはその名が示すとおり、バマコでいちばん大きな市場だ。たくさんの店が延々と続く。人、バイク、車でごった返している通りをみんなとはぐれないように歩くのはなかなか疲れる。ソトラマを降りてから結構な距離を歩き、やっと布屋さんがたくさん集まっている地区に到着した。まずは日光さんが知っている店に連れていってもらう。日本で言えば呉服問屋さんのような店だ。ひととおり好きな色やデザインを確認して、次の店に行く。

e0251761_2332441.jpg


次に入った店で気に入ったデザインの布があったので、いくらかと尋ねると、6メートルで6000CFAという。日本円でおよそ1200円だ。クスイさんが7000CFAの布を電卓を使い5500CFAにしてもらったので、僕もディスカウントをお願いしたが、この布は品質が違うのでこの値段でしか売れないと言われてしまい、結局この値段で購入する。冷静に考えれば5500CFAにしてもらっても日本円にしてたった100円程度安くなるだけなので、時間があれば価格交渉も楽しいがそこはみんなで行動しているためあっさり流す。

次の店では12000CFAの布を価格交渉で、9000CFAにしてもらったところお店がこの値段では売れないと言われた。次の店に行ったところでさっき交渉した人が布を持ってきて、9000CFAで良いという。さっきのやりとりで少し気分を害していたが、あまりにもしつこく奨めるので結局9000CFAで購入する。

その後は露天で売っている店でも気に入った柄の布があったので値段を聞いてみると4メートル4000CFA。これを交渉して2500CFAにしてもらう。高いのか安いのか判断するのはなかなか難しいが、結局気に入ったものを買えばいい。買い物なんてそんなものだと思う。

今日は調子に乗ってそのあとまた別の店で12000CFAの布を7000CFAで買った。合計4本の布を購入して合計24500CFA使った。日本円にすれば約5000円ほどの買い物なのだが、なんだかバイヤーになった気分だった。

帰りは通りに停まっていたタクシーをつかまえて乗り込む。運転手は強引さを地で行っているような人で、市場の中を隣の車にガリガリこすったり、歩道に乗り上げて走ったりとまるで映画さながらのスリルを味わいながらグランマルシェの中を走った。後で同乗したクスイさんとこんなに交通が無秩序な街は、お互い東南アジアやメキシコなどをいろいろ旅したけれどなかなかないねと話しあった。
[PR]
by danpeo | 2011-10-18 23:38


2011年2月5日から21日の17日間、今まで長い間働いたご褒美でもらえるリフレッシュ休暇(2週間)を目一杯使って、憧れのアフリカへ行ってきました。これからこのブログでご紹介するのはその滞在日記です。


by danpeo

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

マリでの生活
at 2011-10-31 22:25
さよならバマコ
at 2011-10-30 09:47
いよいよワーク最後の日
at 2011-10-29 08:34
グランマルシェで事故に遭う
at 2011-10-27 05:06
カラモコオールスターズのミニ..
at 2011-10-25 07:38

以前の記事

2011年 10月

検索

フォロー中のブログ

踊るアフリカ屋営業部長 日光

ライフログ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧