マリでの生活

僕がマリで泊まっているゲストハウスはダラマンさんの友人で現在ボストンに住んでいるダンサーであるセドゥさんの家で、もともとダンスワークのためにアメリカやヨーロッパなどから来る人たち向けに作られたゲストハウスだ。この家が良い点は、移動しなくてもその場にスタジオや楽器を演奏できる部屋があるから、思う存分ワークに専念できることだ。1Fから3Fまでたくさんの部屋があり、3Fにダンススタジオがありなかなか快適であった。

しかし、そこはアフリカ。日本とは違い不便な部分もあった。

まず、シャワーが水しか出ないこと。気温が高いので昼間に入ればそれほど気にならない。女性陣はお湯を沸かしてシャワーに使っていたが、僕は面倒なので滞在中水シャワーで通した。たまに水が出なくことがあり、ダンスで汗をかいた後シャワーに入れないこともあった。

e0251761_22233339.jpg


それからトイレとシャワーが一緒なので、シャワーを使うとバスルームが水浸しになってしまう。アメリカではわりと当たり前だけれど、僕たち日本人にとっては、狭い部屋でシャワーを浴びるのは少し抵抗がある。もちろんトイレには前述の理由でトイレットペーパーが塗れてしまうため、常備されていない。用を足すときに自分でトイレットペーパー持っていかなくてはならない。

そのため当初はトイレにはいるたびに靴下が濡れてしまい、不愉快な思いをしていた。
また裸足でいると普段からとても埃っぽく赤土が部屋に入ってしまうので、すぐに足の裏が真っ黒になってしまう。
サンダルを買ってから多少足の裏が汚れることはなくなったが、そういったことをあまり気にする人はちゃんとしたホテルを取ったほうがいいかもしれない。最もこのワークを受けている人たちはみんな平気のようでした。

あと、洗濯機がないのでシャワー室で自分で石鹸を使って洗濯しなければならない。慣れればそんなに大変なことではないが、日本のように全自動で洗濯してくれると思っていた僕は甘かった。

あと、たまに停電することがある。僕がはじめてバマコに到着した翌日は停電のため真っ暗の中、懐中電灯やろうそくを灯して夕食をとった。それも今から思えば楽しい出来事であった。帰国後、東京でも東日本大震災の影響で計画停電を経験したが、マリの人達にとってみれば停電はそんなに大騒ぎすることではないのかもしれない。

e0251761_22233072.jpg


しかしなにより音楽やダンスを一緒に楽しむという同じ目的を持った仲間達との共同生活は楽しかった。このワークではみんなでよく話をし助け合うから、ほんとうに日本でいかに自分勝手に生きているのかがしみじみわかるのである。皆さんには色々な意味でお世話になったし、僕も少しでもみんなの役にたてたなら嬉しい。もちろん、やさしいみなさんの好意に甘えてばかりではいけないけれどこのような経験ができたことに心から感謝したい。

ダラマン・ジャバテさんをはじめお世話になった先生方、そして一緒にツアーに参加したみなさん、ラミンさんのワーク、ママドゥ・ドゥンビアさんのワークに来られていた全てのマリを愛する人に感謝したい。
[PR]
by danpeo | 2011-10-31 22:25


2011年2月5日から21日の17日間、今まで長い間働いたご褒美でもらえるリフレッシュ休暇(2週間)を目一杯使って、憧れのアフリカへ行ってきました。これからこのブログでご紹介するのはその滞在日記です。


by danpeo

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

マリでの生活
at 2011-10-31 22:25
さよならバマコ
at 2011-10-30 09:47
いよいよワーク最後の日
at 2011-10-29 08:34
グランマルシェで事故に遭う
at 2011-10-27 05:06
カラモコオールスターズのミニ..
at 2011-10-25 07:38

以前の記事

2011年 10月

検索

フォロー中のブログ

踊るアフリカ屋営業部長 日光

ライフログ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧