舞踊団のダンサーさんからドゥグティギと呼ばれる

2月11日(金)

クスイさんと同室になって、 今まで一人でのんびりして過ごしていた生活ペースが少し変わった。鍵は一部屋にひとつなので、お互いに持ち合って使わなければならず少し不便に感じるが、 部屋に戻って話し相手がいるというのもいいものだ。7時に目が覚めて、クスイさんはまだ眠っていたので、起こさないで梅ちゃんと昨日撮ったジェンベレッスンのビデオをみながら、少しジェンベの予習をする。

その後、みんなで朝食をとってワーク開始。
今日からクスイさんが加わってジェンベクラスは5人となった。今日は僕は右端に座って叩いた。いつも真ん中の席で先生と向き合って叩くことが多かったため緊張してうまく手順がつかめないことが多いが、ちょっと座る位置を変えると先生の視線があまり気にならないので、多少冷静に先生の手順を観察できる。先生に見てもらいたい時は真ん中の席、冷静に叩きたいときは端の席に座るというのはなかなかいい選択かもしれない。

e0251761_2252670.jpg


バラフォンワークは昨日に続いてジャウラ。ジャウラとはバンバラ語でダンサーという意味だそうだ。明るく軽快なメロディで僕の好きな曲。今日はジャウラのセカンドアコンパイマを教えてもらう。さっそく昨日届いた自分のバラフォンで演奏してみる。モリ先生は左利きなので僕と対面して演奏してくれるのは非常にありがたいのだけれど、先生のバラフォンと僕の買ったバラフォンのキーの位置が違うためビデオにとっても後でそれを見て練習するときに少し困ることがわかった。来週からビデオの時に先生に僕のバラフォンで演奏してもらえるようにダラさんに頼んでみようかと思う。

ダンスクラスは、スヌーの最終ふりつけのおさらい。その後、歌を含め実際のステージを意識した歌も入った構成ででみんなで列を作ってフォーメーションを決めてスヌーとマダンを踊った。部屋の入り口から入場して最後に部屋を出て終わるという本格的な演出で太鼓隊との連携も非常に意識した内容であった。アイシンさんはきっと一週間のワークの成果を表現したかったのだろう。終わった後みんなで集合写真を撮った。

夕食がすんだ後、ダラマンさんが僕たちを結婚式のイベントに連れていってくれた。聞くところによると実際の結婚式の前の前夜祭的なイベントで、舞踊団のダンサーも来ていてなかなかにぎやかなイベントだった。日光が僕のことをドゥグティギ(村長)とダンサーに紹介したらしくて、僕のところにやってきた女性からいきなりドゥムニケと言われびっくりした。舞踊団の人たちはとても陽気でいっもこういった冗談を言いながらきゃあきゃあと騒ぐのが好きらしい。

e0251761_22523933.jpg


イベントではいつもダラマンさんが中心にいて、その存在感は際だっていた。みんなからダラマンと声をかけられ、ファンクラブからプレゼントされた赤い服を着て颯爽とドゥンドゥンを叩くその姿はとても誇らしげでもあり、グリオとはこういうものだということを僕たちに教えてくれた気がした。
[PR]
by danpeo | 2011-10-17 22:54


2011年2月5日から21日の17日間、今まで長い間働いたご褒美でもらえるリフレッシュ休暇(2週間)を目一杯使って、憧れのアフリカへ行ってきました。これからこのブログでご紹介するのはその滞在日記です。


by danpeo

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

マリでの生活
at 2011-10-31 22:25
さよならバマコ
at 2011-10-30 09:47
いよいよワーク最後の日
at 2011-10-29 08:34
グランマルシェで事故に遭う
at 2011-10-27 05:06
カラモコオールスターズのミニ..
at 2011-10-25 07:38

以前の記事

2011年 10月

検索

フォロー中のブログ

踊るアフリカ屋営業部長 日光

ライフログ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧