いよいよワークショップ開始

2月7日

今日からダラマン・ジャバテツアー2011のワークショップがはじまった。僕たちが宿泊しているゲストハウスには講師の先生方がたくさんの集まって来て、ワークが行われる屋上はあちこちでジェンベやドゥンドゥンやバラフォンの音が響きわたり音楽に溢れたパラダイスのようだった。

僕は今回のツアーでジェンベ、バラフォン、ダンスの3科目をとっているので、朝一番にジェンベ、そのあとバラフォン、お昼を食べたあとダンスというスケジュールを毎日こなすことになる。僕がバラフォンのレッスン(完全なプライベートレッスンだった)を受けている時に、ゆうすけはギター、梅ちゃんたちはカスンケドゥンドゥンといった具合に皆違ったメニューをこなしている。そのあとくみちゃんと梅ちゃんが歌を習う。
夕方までひっきりなしに楽器の音が鳴り響き、ミュージシャン達に囲まれ過ごすことができるのは日本では絶対に考えられない贅沢な環境だ。

e0251761_2327627.jpg


最初にジェンベを教えていただくマカン・コネ先生。
このクラスに参加している生徒は梅チャン、ゆうすけ、ゆりちゃんと僕の4人(後からクスイさんも加わり5人になるが)だ。ワーク最初のレッスンということもあって僕たちも緊張している。曲はダンサからスタートし後半からはスクに。僕は途中でジェンベの手順がうまく理解できず、時々先生が僕の後ろに来ては手を持って直してくれる。そういえば代々木のオリセンでサールさんのワークでも同じように後ろから手をつかまれて叩き方を教わったのを思いだした。僕のようなレベルの受講者にも気をつかってくれるのは大変うれしいことなのだが、頭がいっぱいいっぱいでなかなかうまくいかない。

e0251761_23264544.jpg


ジェンベのワーク終了後、休憩の間もほとんどなくバラフォンのモリ先生のレッスン。
モリ先生は、グリオの出身で5歳からバラフォンを弾いているそうだ。クランジャンという曲を教えてくれる。ジェンベでいえばアコンパイマ(伴奏)を延々とやって先生がソロを演奏するというパターンだ。ジェンベと一緒でお互いのリズムがグルーブするととても気持ちよい。
みんなでお昼ごはんを食べた後は、午後2時過ぎからアイシン先生のダンスクラス。
生徒はくみちゃんとゆりちゃんと僕の3人。後から日光が加わる。
アイシン先生は、どこかで見た事があるなと思ったら、日曜日に行った結婚式で踊っていた。マリ国立舞踊団の現役バリバリ先生なのだ。ちょっとぽっちゃりしているがさすがプロのダンサーだけあってからだの動きはしなやかだ。時々ニコッとする笑顔が可愛い。初日はマダンを踊る。

初日はワークであまりにもいろいろ詰め込みすぎたせいか、ダンスを受けたあとシャワーを浴びて洗濯したら、疲れて部屋で眠ってしまった。

日光の夕食だよ〜という声で起こされた。食事をした後、けんちゃんの体調が悪くなって熱もあるので、ダラマンさんがタクシーを呼んでくみちゃんと一緒に病院に連れていった。彼らが戻るまでみんな心配して待っていたが、マラリアにかかる前の症状ではないかという医師の診断で、とりあえず薬を処方してもらいしばらく安静にすることになった。けんちゃんは人一倍練習熱心で結婚式でもカスンケドゥンドゥンをたたいていたそうだから、きつと疲れがでたのだろう。

変な時間に眠ったせいか、目が覚めてこの夜はついに一睡もできなかった。
[PR]
by danpeo | 2011-10-12 23:32


2011年2月5日から21日の17日間、今まで長い間働いたご褒美でもらえるリフレッシュ休暇(2週間)を目一杯使って、憧れのアフリカへ行ってきました。これからこのブログでご紹介するのはその滞在日記です。


by danpeo

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

マリでの生活
at 2011-10-31 22:25
さよならバマコ
at 2011-10-30 09:47
いよいよワーク最後の日
at 2011-10-29 08:34
グランマルシェで事故に遭う
at 2011-10-27 05:06
カラモコオールスターズのミニ..
at 2011-10-25 07:38

以前の記事

2011年 10月

検索

フォロー中のブログ

踊るアフリカ屋営業部長 日光

ライフログ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧